BLOG

2015/08/24

不妊治療と妊娠率のマジック
不妊治療と妊娠率のマジック

愛読書は「悪意の情報」を見破る方法 (ポピュラーサイエンス)。鍼灸師の西出隆彦です。

 

「妊娠率70%」

 

 

非常に高い妊娠率を宣伝材料にしている治療院が見受けられます。

 

確かに素晴らしい成績です。

 

しかしそれを鵜呑みにして良いのでしょうか。

 

 

ちょっとした表を作ってみました。

 

 

例えば特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けていらっしゃる患者様に対して不妊鍼灸を行ったとします。

 

結果、最終成績では70%の方が妊娠に至りました。

 

しかし、治療周期あたりでみてみると、妊娠率は16%にとどまっています。

 

日本産婦人科学会ARTデータブック(2012)によれば、総ET(胚移植)あたりの妊娠率は全年齢の平均で28.8%ということですから、果たしてこの治療院における妊娠率が本当に高いと言えるのか。一考の余地がありますね。

 

 

image-0001

 

 

なお、本記事に使用した表は、特定不妊治療を受けた場合の累積分娩割合と助成事業のシステムを参考に、いくらか恣意的に作成しています。現実に存在するものではないことをお知りおき下さい。

 

三重県の特定不妊治療費助成事業については「みえ 子ども スマイルネット」のページをご覧ください(http://www.pref.mie.lg.jp/D1KODOMO/kodomok/funin/top.htm