BLOG

2019/03/22

子供が将来親と同じ職業に就きたいと言うのよりずっと嬉しいこと!

先日娘が小学校を卒業しました。


これくらいの年になると、将来の夢というか、就きたい職業を言葉や文で発表する機会もでてきますね。
 

我々の業界でも、子供が鍼灸師になりたいと言っただの書いただの、喜んでいる親がちらほら見受けられます。


たしかに、親の背中を見て同じ職業を目指してくれるのはうれしいでしょう。

「忙しそうにしているのを見て、自分も人の為に働きたいと思った」とか、ね。

「実家に就職すれば良いから楽そう」とか、「客がついているから地盤を引き継ぐだけ」とか、「他に思いつかないから」とかだったら頭を抱えてしまいますけれど…。
 



ただ個人的には、子供が鍼灸師になってくれるよりも“鍼灸に掛る大人”になって欲しいなと思います。


鍼灸の良さを身をもって知っていて、困りごとがあったら鍼灸に頼るような大人に。

実際、うちの患者さんにはそういう方(鍼灸師の子供)がいらっしゃって、掛って頂けることを光栄に思いつつ、鍼灸に失望させてしまうことの無いよう、偉大な先輩からのプレッシャーを感じつつ治療にあたっています。

 


因みに私の娘は鍼灸師にはならないそうです。


樹木医になるのだとか。


これもまた、親としては涙が出るくらい嬉しいことです。

それは、親の価値観を見て育ってくれていると感じたから。


私は人の手の入った木々や草花に囲まれているのが好きです。(虫は大嫌いですけれど)

巨樹・古木を見に行くのが趣味でもあります。

里山や田園地帯をノルディックウォーキングしたり、公園でのんびりと過ごしたり。

その様な環境に身を置いていると、人と自然とのつながりを意識させられたり、自分が端なき環の一部であることを感じられるのです。

娘は幼いころから私と行動を共にすることが多かったですし、ノルディックウォーキングイベントにもついてきてくれます。

本人も自然が好きだと言っていて、寺社仏閣を巡ることを好みます。


そんな娘が樹木医になりたいと言う。


私が鍼灸師であることの肝(キモ)の部分、東洋的循環思想からの影響を土台にして、将来就きたい職業を選択しているように思えてなりません。


まあ、親の勝手な妄想ですけれどね。



でもそれが、ただ「鍼灸師になる」と言ってくるよりもずっと嬉しいわけです。