BLOG

2017/12/08

12月8日は“針”供養の日
ロゴ

患者様によると、今日は「はり供養の日」だそうです。車のナビが教えてくれたのだとか。

 

とはいえ、この「はり供養」。

 

我々鍼灸師の使う「鍼」ではなくて、「縫い針」の供養をする行事なのです。

 

「鍼供養」だと、各種団体や養成校が行っていますが、12月8日に開催されるところは記憶にないですね。それぞれが独自に日取りを決めているようです。

 

私は鍼供養に参加したことがありませんが、廃棄した鍼を溶鉱炉で融解処理していますから、供養(火葬)しているようなものかなと都合良く考えています。